脱毛できない人

あなたはどれに当てはまる?

タップで詳細を確認できます

敏感肌・乾燥肌でも光脱毛なら施術してもらえます!

光脱毛は「毛根だけに反応する光」を使っているので、お肌への負担を最小限に抑えたムダ毛処理ができます。
カミソリやワックスを使って、肌荒れを起こした事がある人は光脱毛がオススメですね。
また、施術前後には“ヒアルロン酸”や“コラーゲン”がたくさん含まれたジェルを塗ってくれるため、ムダ毛が減ってツルツルになるだけでなく、保湿効果でみずみずしいお肌が手に入ります。

 

光脱毛の口コミを見てみても

  • 敏感肌だけど、
    全然荒れなかった
  • 通っているうちに
    乾燥肌が改善された気がする

という声が多く、お肌に優しい脱毛方法である事がよく分かります。

 

肌の弱さが原因でムダ毛処理を断念している人は、光脱毛を試してみると良いでしょう。
脱毛サロンの無料カウンセリングでは、プロのエステティシャンが“脱毛の光が肌に合うかどうか?”をしっかりとチェックしてくれるので安心です。

敏感肌・乾燥肌でも脱毛できるサロンはココ!

ミュゼプラチナム

ミュゼ

 

他のサロンと違う「肌に優しい脱毛方法」だから肌が弱くても安心

ミュゼでは“毛根にダメージを与えない”脱毛方法を採用しています。
一般的な光脱毛サロンは、光の熱エネルギーで毛根を破壊するのですが、ミュゼは、抑毛成分が入ったジェルを毛根まで浸透させて、毛の成長を自然に抑制します。

 

余計な熱が皮膚に伝わらないから、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して脱毛ができますね♪
まずは、無料カウンセリングのテスト照射で「肌に優しい」事を実感してください。
> 敏感肌でも安心のミュゼ <

 

また、100円で満足いくまで何度でも「両ワキとVライン」の脱毛ができるから、お肌だけでなく、お財布にも優しい脱毛ができるのは嬉しいですね♪

場合によっては脱毛できる人

日焼けしている人

ほぼ全ての脱毛サロンが、真っ黒に日焼けをしている人に対して施術しない方針を取っています。
しかし、ある程度の日焼けなら施術OKのサロンもあるので、まずは無料カウンセリングで“脱毛してもらえるかどうか?”を見てもらいましょう!
今日焼けをしていても、施術日には治っていて脱毛できる、というケースもあるので諦めてはいけませんね。

薬を服用している人

抗生物質・精神安定剤・ピルなどの薬を継続して服用している人は、脱毛不可と判断される事が多いです。
ただ、薬の種類によっては施術をしてもらえる場合があるので、「お薬手帳」や「薬剤情報提供文書(お薬と一緒にもらえる説明書)」を持参し、カウンセリングでエステティシャンに相談してみましょう。
(たくさんの薬を服用している場合、あらかじめ医師や薬剤師に“光脱毛をしても大丈夫かどうか?”を確認する方が手っ取り早いですね。)

持病がある人は要注意!

薬の種類によっては脱毛可能なケースもある、と説明しましたが、皮膚がん・内科系疾患(感染病・糖尿病・心臓病)・緑内障・光アレルギー(光過敏症)などの病気を持っている人は施術してもらえません。
脱毛サロンのカウンセリングでは、病歴や持病の申告をしないといけません。
施術を受けたいからと言ってウソの申告をすると、トラブル時に適切な処置ができなくなるので注意しましょう。

どのサロンからも施術を断られる人

妊娠、授乳中の人

妊娠・授乳中は女性ホルモンのバランスが乱れ、痛みに敏感になってしまいます。
痛みを我慢するとストレスが溜まるので、「胎児に悪い影響を与える」「母乳が出なくなる」という危険性があります。
また、ホルモンバランスの乱れは毛周期(毛が生え変わるサイクル)の乱れにも繋がるため、効果的な施術ができなくなる点も注意しないといけません。

生理中は脱毛できるの?

妊娠や授乳中と同様、生理中の人も脱毛サロンでの施術はNGですが、生理が終わりかけの時なら脱毛してくれるケースがあります。
ただ、衛生的な観点から施術を受けていないサロンが多いので注意してください。

思い込んでいるだけで「実は脱毛できる人」が多い!

妊娠中や授乳中の人、持病がある人は脱毛サロンで施術してもらえませんが、それ以外の人は一度カウンセリングに行ってエステティシャンに悩みを相談してみましょう!

  • 乾燥が気になるなら保湿ローションを多めに使いますね
  • この程度の日焼けなら照射パワーを下げれば大丈夫ですよ
  • その薬と脱毛の光は全く関係がないから施術できますよ

このように柔軟な対応をしてくれる脱毛サロンが多いので、「脱毛できないかも…」と思っている人でも案外、施術を受けられるものです。
まずは、店舗が多くて気軽に行けるミュゼでカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

 

カウンセリングが丁寧な脱毛サロンを選ぼう!

「カウンセリングと言ってもエステティシャンと少し話して終わりでしょ?」と、思われがちですが、安全に脱毛をしたいのなら“カウンセリングの丁寧さ”を必ず確認してください。
下の項目を漏れなくチェックしてくれる脱毛サロンなら、安心して通えますよ。

 

カウンセラーがチェックすべき項目

・現在の肌やムダ毛の状態
・健康状態・病歴
・ホルモンバランスが関係する事
(妊娠や生理)
・現在服用中の薬の種類
・持病や疾病の有無

 

上の項目をしっかりとヒアリングし、施術しても大丈夫かどうか?を正しく判断するサロンを選びましょう。
どんな質問に対しても即答してくれるエステティシャンなら、知識が豊富だから安心して任せられますね。

 

個人経営のサロンはトラブルが多い!

カウンセリングが適当なサロンを選ぶと、下のような被害に遭うので注意してください。

肌を2、3分見ただけでカウンセリング終了

契約書を取り交わし、すぐに施術開始

翌日お肌がボロボロになって苦情を言う

個人差があるから仕方がない!と反論される

実費で皮膚科に通う羽目に…

早く契約を取りたくて、適当なカウンセリングをした結果、このようなトラブルになったのですね…。
軽い肌荒れならまだしも、完治するまで何ヶ月も通院しないといけない火傷を負ってしまったら笑いごとでは済まないので、40〜60分かけてじっくりとカウンセリングしてくれるサロンを選びましょう!
試しに光を当ててみて、肌荒れしないかどうか?チェックしてくれるサロンなら尚更安心ですね♪

安全な脱毛がいい人はミュゼ

ミュゼで働く全てのエステティシャンは「ミュゼビューティーアカデミー」という“脱毛専門のスクール”で、約1ヶ月の研修を受けます。
その後、安全基準認定試験に受かった人だけが、現場に立てるシステムなので安心して脱毛を任せられますね。

 

<スクールの実習風景>
ミュゼビューティーアカデミー
ネットや雑誌の口コミで、プロ意識が高く、接客マナーが良い、と高く評価されるのも頷けます。

> 丁寧なカウンセリング <
> 安心のミュゼプラチナム <

脱毛前日にコレをすると施術NGになるから要注意!

光脱毛サロンでの施術前日や当日に、次の事をする(状態になっている)と脱毛してもらえないので注意してください。

アルコールを摂取してはいけない

アルコールを摂ると血行が良くなり、脱毛の光を当てると「かゆみ」や「赤み」が出てしまいます。
毛根付近の毛細血管が活発に動くことで、毛周期が一時的に乱れ、脱毛効果が落ちてしまうんです…。

 

また、施術後の飲酒も「かゆみ」や「赤み」の原因になるので控えた方がいいですね。
施術の前後12時間を目安に禁酒してください。

施術10日以内に予防接種をしない!

予防接種とは、毒素を弱めた病原体を投与して、その病気に対する抵抗力を作るための対策なのですが、抗体を作っている間は抵抗力が低下してしまいます。

 

そんな時に脱毛の光を当てると「赤み」や「かゆみ」が酷くなってしまいます。

激しいスポーツをしない!

アルコールと同じく、体温が上がると「かゆみ」や「赤み」が出るため、施術前の激しいスポーツは禁止です。
また、スポーツ以外にも、岩盤浴や温泉、サウナなど“汗を大量にかく行為”は避けてください。

施術NGになって困る事、それは「予約の取り直し」

上で紹介した事が原因で、施術できないと判断された場合、一から予約を取り直すことになります。

 

脱毛サロンの施術ルームは、閑散期(8〜3月)で2〜3ヶ月、繁忙期(4〜7月)なら半年以上先まで予約でいっぱいなので、次回の脱毛がかなり先になってしまいます。
効率よく脱毛したいのなら、毛周期に合わせて2〜3ヶ月に1回通うのが鉄則!脱毛NGにならないように、“飲酒”、“予防接種”、“激しい運動(たくさん汗をかく行為)”この3つは絶対しないように気を付けてくださいね。

脱毛できない人は「電気シェーバー」で一時しのぎ

脱毛サロンで施術を断られた人は、「電気シェーバー」で目立つムダ毛を処理しておきましょう。
他にも脱毛方法がありますが、デメリットばかりなのでオススメできません。

カミソリ

角質を削るため乾燥肌になる

毛抜き・脱毛テープ

開いた毛穴に雑菌が入りニキビになる

脱毛クリーム

成分がキツく肌荒れを起こす

お肌の事を考えると、顔用の電気シェーバーを使うのが一番ですが、部位によってはIライン専用のシェーバーを使うと良いですね。